新しい検索画面について

新しい検索画面でもっと快適に!

入札ウォッチネットでの案件の検索をもっと快適にすべく、様々な改良を加えた新しい検索画面を公開いたしました。
新しい検索画面では、次の項目を改良いたしました。

  • スマートフォン端末でも検索できるようレイアウトデザインを改良
  • 開札案件の業者等を一覧に表示
  • 検索の入力インターフェースを改良
  • 検索キーワード機能改良
  • 落札業者で案件を探す「落札業者検索」を追加

表1にて、既存の検索画面と新しい検索画面の仕様比較表を表示します。

表1 新旧画面 比較表

項目 既存画面 新画面
スマートフォン用レイアウト ×
案件表示数(/ページ) 100 50
案件詳細表示 同一画面・別ウィンドウ 別ウィンドウ
表示項目
(一覧表示)
発注機関 ※1
担当部署 ※1
種別
案件名
工事場所
入札方式 ×
公告日・開札日
落札業者 × ※2
落札金額 × ※2
検索キーワード 対応方式 AND・OR
どちらか
AND・OR・NOT
同時
キーワード数 3 5+5+5
キーワード対象範囲
(案件検索)
部署・種別・案件名・場所
選択不可
部署・種別・案件名・場所
複数指定可能
キーワード対象範囲
(全文検索)
全て 全て・添付ファイルのみ
指定可能

※1:「発注機関名 - 部署名」の形式で1項目で表示しています。
※2:「落札業者名 (落札金額)」の形式で1項目で表示しています。
   公告追跡検索では開札案件に対し、落札業者名のみ表示されます。

スマートフォン端末でも検索できるようレイアウトデザインを改良

新しい検索画面では、案件一覧・案件詳細をスマートフォンなどの小型端末でも十分利用できるようレイアウトを改良いたしました。
また、このほかに選んだ発注機関、現在見ている案件がどれかわかりやすくするなどの小さな改良も行いました。

PCレイアウト

スマートフォンレイアウト

開札案件の業者等を一覧に表示

新しい検索画面では、公告追跡(公告結果追跡)及び入札結果において落札業者などの落札情報が一覧に表示されるようになりました。

検索インターフェース改良

新しい検索画面では、案件を検索するための基本条件の設定などを左画面に統一し、ユーザがより簡単に検索できるようにしました。
また、案件を画面に表示しつつ同時にCSV出力ができるようになりました。

検索キーワード改良

新しい検索画面では、より多くのキーワードでより検索の精度を上げられるようにしました。
AND検索、OR検索、NOT検索を同時に発行でき、さらにキーワードの対象範囲も指定できるようになりました。
(キーワードは、カンマ(",")、句点("、")、半角スペース(" ")で区切られます。)

新機能 落札業者検索

新しい検索画面を流用し、新しい検索機能として「落札業者」で検索できる機能を追加しました。
開札案件に対し業者名(1つのみ)を入れて案件を探すことができ、他の検索機能と同様CSVで出力することもできます。

新しい検索画面の使い方は下記リンク先ページにて説明しております。会員を問わず、どなたでも閲覧できます。

▶新しい検索画面の使い方

下のボタンから、新しい検索画面をお試しできます。(ご利用の際は、お試し会員登録が必要です。)

トップに
戻る