サービス案内

入札ウォッチネット とは

入札ウォッチネット とは、土木専用の入札情報サービスです。

  入札ウォッチネットは、受注した企業に対して営業を行う方のために提供したサービスです。 入札ウォッチネットは各発注機関のホームページに公開されている入札情報を取得しています。

楽々操作で知りたい業務を抽出できます。

  各発注機関のホームページは、入力項目や結果の表示にバラツキがあります。 入札ウォッチネットの操作は、とても簡単になっています。 全国の情報を楽々検索することができるのも魅力の一つです。

検索スピードが速い!

  全国の情報を検索すると結果を表示するまでの時間が非常に長くなります。 入札ウォッチネットでは、検索時間をできるだけ短時間に表示できる工夫を取り入れています。

添付ファイルにあるテキストを検索対象にできます。

  入札公告の情報には、PDFファイルやMicrosoft Excelなどの文字情報を認識できます。 入札ウォッチネットは、より具体的な工種で検索することができるのです。

公告情報と結果情報をボタン一つで切り替えできます。

  公告情報(入札案内)と結果情報(落札情報)がリンクしておりボタン一つで切り替えが可能なのも入札ウォッチネットの特長です。

24時間検索できます。

  発注機関のホームページは、閲覧できる時間に限りがある場合がございます。 入札ウォッチネットは、インターネットが接続されている環境であれば、いつでも利用できます。

メ―ルによるお知らせ機能を搭載しています。

  チェックした公告情報は、落札情報が公開されるとお知らせメールを指定したアドレスに送ります。  メールには、案件名だけでなく、落札企業と落札金額も分かるようになっています。

機能

提供している入札情報(入札情報の種類)
入札ウォッチネットは、入札公告と入札結果の情報を知ることができます
情報の種類 掲載されている情報
入札公告 入札の案内を記したもので、見積り金額を決定できる仕様書や図面などが添付されています。また、入札を行う日時や入札方法などが示されています。
入札結果 入札の結果を示したもので、入札参加企業や決定した企業と価格が分かります。ただし、入札結果は入札公告にある仕様書や図面などは添付されていません。
ここに、入札ウォッチネットで表示される入札公告と入札結果の詳細情報の画面(一例)を示します。画面左が入札公告の情報、右が入札結果の情報になります。 詳細イメージ
詳細情報のイメージ(左:入札公告、右:入札結果)
全国の発注機関の入札公告は、添付ファイルなどで、情報が具体的に確認することができますが、入札結果では、添付ファイルは削除されています。入札ウォッチネットも発注機関と同じような情報を提供しています。
検索の種類(案件検索と全文検索)
  入札ウォッチネットには、案件検索と全文検索があります。ここでは、簡単に二つの検索概要を説明します。 入札情報には、大きく分けて、業務情報(発注機関、担当部署、種別、案件名称、場所、入札時期に関する情報など) 、業務添付ファイル情報(仕様書や図面)、落札情報の3つがあります。 提供している入札情報(入札情報の種類)にも述べていますが、これらの情報が入札公告と入札結果で組合せが異なります(下表 入札情報の種類参照)。
表1 入札情報の種類
情報の種類 入札公告の情報 入札結果の情報
業務情報
添付ファイル
落札情報 ×
※一部の地域では提供していない場合があります。
  案件検索は、基本条件を入力すれば結果が出力します。ただし、全文検索は、基本条件とキーワードの入力が必要です。 全文検索は、全ての項目に対して検索を行っています。そのため、案件検索に比べ結果表示が遅くなる場合があります。 詳しくは検索項目一覧表(下表参照)をご覧ください。
表2 検索の利点と欠点
検索方法 入力項目 検索速度 検索キーワード適用範囲
案件検索 基本条件のみでも検索可能 速い 業務情報の一部を対象として検索する
全文検索 検索キーワードも必須項目となる 案件検索に比べ遅くなる可能性がある 添付ファイルのテキストなども検索対象としている。
表3 検索項目一覧表
項目 基本条件 案件検索
キーワード
対象項目
全文検索
キーワード
対象項目
業務情報 発注機関
検索区分(公告/結果)
工事/委託
期間
担当部署
種別
案件名(業務名や工事名)
場所
その他
落札情報
添付ファイル
(pdf,txt,doc,docx,xls,xlsx)
添付ファイルデータの閲覧
入札ウォッチネットは、入札公示/結果の情報から添付ファイルを確認することができます。

入札公告一覧から確認する場合

  入札公告の結果一覧から確認する場合は、右欄にある[詳細]ボタンをクリックします。 下図のように案件詳細が表示されます。添付ファイルが存在する場合は、そのファイル名をクリックすると情報を閲覧することができます。 入札公告 案件詳細
入札結果一覧から確認する場合

  入札結果の場合も同様に[詳細]ボタンをクリックします。下図のように案件詳細が表示されます。 このとき、結果情報から取得できませんので、右上にある(入札公告参照)というテキストをクリックしてください。 入札公告の詳細情報に切り替わります(上図参照)ので、同様にファイル名をクリックして情報を閲覧してください。 入札結果 案件詳細
閲覧できるファイル

  閲覧できるファイルは、pdf、txt、htmlの拡張子のみです。 その他のファイルは、ダウンロードで取得することができます。 ただし、提供元がファイルを添付していないなど取得することができない場合は、閲覧することができません。
※圧縮ファイル(zip、lzhなど)の場合は、ダウンロードして解凍後、ご利用ください。
案件チェック機能
  検索した案件から、注目したい案件にチェックすることができます(入札公告のみ)。 結果一覧の右側にチェックする欄があります。気になる案件にチェックすると、次のようなことができます。 案件チェック機能
  • チェックした案件のみ表示することができます。
  • チェックした案件が落札すると登録したメールアドレスにお知らせすることができます。
    配信する場合は、ユーザ設定変更画面にて「落札結果自動メール配信」を“受信する”に設定しなければなりません。
CSV出力機能
  画面に表示される検索結果をCSV形式ファイルとして、保存することができます。 検索画面から出力条件を“画面一覧”から“CSVファイル”に切り替えて、[一覧出力]ボタンをクリックすると、ファイルとして保存することができます(下図参照)。 CSV出力機能
いつでも利用可能!
  発注者のホームページは、利用できる時間が限られている場合がありますが、入札ウォッチネットは、24時間いつでも閲覧が可能です。 ただし、メンテナンス等や何らかの理由により障害が発生した場合は、一時的に利用できなくなる場合がございます。 ご理解の程よろしくお願いいたします。

動作環境

本サービスはWEBアプリケーションですのでソフトウェアのインストール等は一切行いません。 以下の対応ブラウザが搭載されているPCであればご利用いただけます。

推奨ブラウザ
  • Internet Exploler 11
  • Google Chrome 最新版
  ※上記以外のブラウザでは、正しく表示されない場合がございます。
トップに
戻る